FC2ブログ

広告「小型映画の代表」(1936)

伴野貿易1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の広告より「小型映画の代表」(伴野貿易株式會社)です。小型映画フィルムの規格は16mmが主流で、さらに小さい規格はフランスのパテー社の9.5mmが主流でした。なお当時の8mm映画カメラは16mmフィルムを半分ずつ使う形式でした。

広告「カメラは確實な村上商會へ」(1936)

村上商会1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の広告より「カメラは確實な村上商會へ」(村上商會本店)です。村上商會は新橋にあったカメラ店ですが、戦後廃業しています。ただしここのオリジナルブランドのケンコーフィルターは現在のケンコートキナー株式会社に引き継がれています。

広告「富士光新製小型カメラ」(1936)

富士光新製小型カメラ1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の広告より「富士光新製小型カメラ」(富士光学器械製作所)です。富士光学器械製作所は1919年に東京で創業され、「ライラ」ブランドやOEMのカメラメーカーとして戦後まで存在しました。富士フィルムとは資本関係はありません。

広告「最新型カメラフイルター」(1936)

双美商会1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の広告より「最新型カメラフイルター」(双美商会)です。双美商会は戦後まで銀座にあったカメラ店です(戦前は2丁目、戦後は4丁目)。カメラが高級品だった時代、銀座にカメラ店がたくさんありました。同名の会社が銀座4丁目にビルメンテナンス業として存在しますが、もしかしたら存続会社でしょうか。なんと自動現像焼付機のない時代に手作業で4時間仕上げだそうです。

広告「オリエンタルフィルム」(1936)

オリエンタルフィルム1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の広告より「オリエンタルフィルム」(オリエンタル寫眞工業株式會社)です。それぞれモノクロフィルムで、オリクロームはオルソクロマチック(青と緑の光に反応)でISO32相当の感度、S.S.パンはパンクロマチック(全色に反応)でISO100相当の感度になります。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR