FC2ブログ

広告「取消廣告/ホーカー液」(1913)

取消広告1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社)内の広告より「取消廣告」(平尾賛平商店)と「ホーカー液」(堀越二八堂)です。レートの方は前号の広告で募集した懸賞課題がその筋からのお達しにより中止するとのこと。一体何が悪かったのでしょうか。堀越二八堂は1909(明治42)年に堀越嘉太郎さんによって創立された化粧品メーカーで、堀越嘉太郎商店と名前を変えて昭和初期まで存在していました。堀越のホと嘉太郎のカでホーカーでだそうです。

広告「ヘルプ」(1913)

ヘルプ1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)の裏表紙広告より「ヘルプ」(津村敬天堂)です。いわゆる胃腸薬の宣伝です。津村敬天堂は津村岩吉(1876-1976)さんが設立した製薬会社です。津村岩吉さんは奈良県の山田家に生まれ、津村家に養子に出されました。同時に養子に出された実兄の津村重舎(1871-1941)さんは津村順天堂の創業者です。また長兄の山田安民(1868-1943)さんはロート製薬の創業者です。津村岩吉さんは兄の元で津村順天堂を番頭として盛り立て、のれん分けで敬天堂を設立し戦争による統制まで続けました。

広告「淋疾にバロール」(1938)

バロール1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の広告より、「淋疾に京都帝國大学化学研究所創製・バロール」(大木合名會社)です。京都大学化学研究所は現在も活動している組織ですが、そもそも1915(大正4)年に第一次世界大戦で欧州製の薬の供給が止まり、国産化する必要が生じたために設立されました。販売元の大木合名会社は江戸時代から続く薬種問屋で、現在も大木ヘルスケアホールディングスとして医薬品の中間流通業者大手として活動しています。

広告「地球鉛筆」(1938)

地球鉛筆1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の広告より、「地球鉛筆」(日本鉛筆製造株式會社)です。ここは比較的大手ですが昭和戦前期は中小の鉛筆製造会社がたくさん存在したようです。

広告「シーゾン麗顔水」(1938)

シーゾン麗顔水1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の広告より、「シーゾン麗顔水」(大洋商會)です。大洋商会の所在地は中野氷川町となっていますが現在の中野区東中野になります。おそらく氷川神社の近くにあったものと思われます。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR