広告「朝日乾電池」(1928)

朝日乾電池1928mar

 1928(昭和3)年に発行された雑誌「芝居とキネマ」(大阪毎日新聞社刊)三月號の広告より、「朝日乾電池」(松本乾電池製造所)です。松本乾電池製造所は発明家の松本亀太郎さんが1914(大正3)年に設立しましたが、昭和の恐慌で経営が行き詰まり、救済の形で1929(昭和4)年に松下電器の傘下に入ります。その後戦時統制のため1942(昭和17)年に完全に合併されました。

広告「マツダアークカーボン」(1939)

マツダアークカーボン1939oct

 1939(昭和14)年に発行された雑誌「新映画」(新映畫社刊)十月號の裏表紙裏広告「マツダアークカーボン」(東京芝浦電氣株式會社マツダ支社)です。アークカーボンランプとは炭素電極の間をアーク放電させて発光させる方式で、非常に明るいため街灯や映写機の光源などに使われました。

広告「ナショナル電球」(1939)

ナショナル電球1939

 1939(昭和14)年発行の雑誌「東宝映画三月上旬號」(東寳映畫社)の裏表紙広告「ナショナル電球」(ナショナル電球株式會社)です。モデルは千早雪子さん、撮影は澁谷龍吉さんです。千早雪子さんは東宝に所属していた女優・歌手ですが、映画は1939(昭和14)年公開の「忠臣蔵」(滝沢英輔監督)一本のみの出演です。ナショナル電球(株)は1936(昭和11)年に創立された会社で、もちろん松下電器産業から分社化された子会社です。

広告「東京芝浦電氣株式會社マツダ支社」(1939)

東芝マツダランプ昭和14年

 1939(昭和14)年発行の雑誌「週刊朝日・秋の映画號」(朝日新聞社)の裏表紙広告「東京芝浦電氣株式會社マツダ支社」です。「マツダ」は東芝の電球のブランドで、ゾロアスター教の最高神「アフラーマズダー」から来ているそうです。他社の電球より優れている点を自社の技術者の名前を出して宣伝しています。

広告「ナショナル受信機」(1938)

ナショナルラジオ1938

 1938(昭和13)年発行の雑誌「サンデー毎日」十月十六日第二増大號の裏表紙広告「ナショナル受信機」(松下無線株式會社)です。松下無線は1935(昭和10)年に松下電器産業より分社され、1944(昭和19)年に再統合されるまで続いた松下グループの無線送受信機部門です。「戦勝に酔はず、銃後はこの名機で固めませう!」とありますが、戦勝に酔うこととナショナルのラジオを買わないことには何の関係もないと思うのですが...
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR