雑誌記事「二つの自動車(その2)」(1931)

二つの自動車1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「二つの自動車」(楠山正雄:作、岡田なみぢ:畫)です。挿絵の岡田なみぢさんは「紅い蝋燭と人魚」(小川未明作)の挿絵で有名な方です。昭和戦前期に活躍されていますが、詳しいことはわかりませんでした。

雑誌記事「二つの自動車(その1)」(1931)

二つの自動車1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「二つの自動車」(楠山正雄:作、岡田なみぢ:畫)です。楠山正雄(1884-1950)さんは東京銀座生まれ、独協学校から國學院を経て東京専門学校(早稲田大学)を卒業後、早稲田文学社、読売新聞社を経て冨山房に入社し、編集者、評論家として活動する一方、「赤い鳥」に参加するなど児童文学の編集、翻訳、再話にも取り組みました。

おとぎ童話「自分の足(その2)」(1931)

自分の足1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、おとぎ童話「自分の足」(巖谷小波:作、河目悌二:畫)です。幸福城の造形はアラビア風で子供達の服装はボーイスカウト風と不思議な世界観です。

おとぎ童話「自分の足(その1)」(1931)

自分の足1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、おとぎ童話「自分の足」(巖谷小波:作、河目悌二:畫)です。巖谷小波(1870-1933)さんは裕福な官僚の子として東京に生まれ、医者になるべく独協学校に入学するも、文学者を志して周りの反対を押し切って中退、後に児童文学者に転身して日本の児童文学、童話、童謡の開拓者として活躍しました。

広告「漫画の罐詰・田河水泡先生大漫畫集」(1931)

漫画の缶詰1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)の表紙裏広告より「漫画の罐詰・田河水泡先生大漫畫集」(大日本雄辯會講談社)です。「のらくろ」で有名な田河水泡さんの漫画本の広告です。「奇抜だ滑稽だ面白い!!愉快々々!これこそ天下一品だと少年少女皆熱狂!!」だそうです。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR