大東京寫眞案内「瀧野川區」(1933)

瀧野川區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「瀧野川區」です。現在の東京都北区の一部になります。写真上中は農事試験場で養蚕が盛んだった名残です。上右が田端駅の風景で蒸気機関車が見えます。上左が現在も残る西ヶ原一里塚です。写真下は1930(昭和5)年に竣工したおとなし(音無)橋です。現在もその優美なアーチを見る事が出来ます。

大東京寫眞案内「豊島區」(1933)

豊島區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「豊島區」です。ここから1932(昭和7)年に新たに東京市に組み込まれた新区になります。現在の東京都豊島区と一致します。写真上は学習院の正門で、当時は華族・皇族のための教育施設でした。中は雑司ヶ谷霊園で今も多くの著名人が眠っています。写真下は立教大学の一号館で1918(大正7)年に建設され現在も耐震補強工事をされて健在です。

大東京寫眞案内「深川區(その3)」(1933)

深川區(その3)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「深川區(その2)」です。現在の東京都江東区の一部になります。写真上は隅田川河口付近で現在も埋め立ては進んでいますが、この茫漠とした雰囲気は似ています。その下は富岡八幡宮に隣接する深川公園です。左中は洲崎にある1791(寛政三)年の大津波警告の碑で、この辺りを大津波が襲い280余軒が高台に引っ越したそうですが、元の木阿弥になっています。写真下は現在も隅田川のシンボルとなっている永代橋で1926(大正15)年に竣工しました。

大東京寫眞案内「深川區(その2)」(1933)

深川區(その2)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「深川區(その2)」です。現在の東京都江東区の一部になります。写真上は日本橋區と結ぶ清洲橋で、1928(昭和3)年に竣工しました。写真下は貯木場、所謂「木場」で、現在は埋め立てが進んだため新木場の方に移っていますが、跡地は木場公園として整備されています。

大東京寫眞案内「深川區(その1)」(1933)

深川區(その1)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「深川區(その1)」です。現在の東京都江東区の一部になります。写真上は日本橋中州にあった浅野セメントの工場で、現在正面の水路は高速道路により塞がれています。写真中は現在もお祭りでにぎわう富岡八幡宮。写真下は高等商船学校で、現在は東京海洋大学越中島キャンパスです。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR