雑誌記事「傑作抒情大詩畫集:およ羽根、小羽根」(1927)

およ羽根小羽根1927jan

 1927(昭和2)年1月発行の雑誌「少女倶樂部・新年特大號」(大日本雄辯會講談社)の記事より「傑作抒情大詩畫集:およ羽根、小羽根」(西條八十:詩、早河桂太郎:畫)です。西條八十(1892-1970)さんは東京生まれ、早稲田大學文學部を卒業後、在学中から発表していた詩が認められて、詩人となりました。象徴詩人、歌謡曲の作詞家、童謡詩人、フランス文学者として有名です。

雑誌記事「傑作抒情大詩畫集:門松」(1927)

門松1927jan

 1927(昭和2)年1月発行の雑誌「少女倶樂部・新年特大號」(大日本雄辯會講談社)の記事より「傑作抒情大詩畫集:門松」(野口雨情:詩、幡恒春:畫)です。野口雨情(1882-1945)さんは茨城県生まれ、東京専門学校(早稲田大学の前身)を中退後、実家に戻って結婚し家業を継ぎますが、詩作を始め出奔、日本を代表する童謡詩人となります。幡恒春(1883-1944)さんは大阪で稲野利恒氏に師事、大阪朝日新聞で新聞挿絵画家として活躍しました。

雑誌記事「傑作抒情大詩畫集:歌留多の宵」(1927)

歌留多の宵1927jan

 1927(昭和2)年1月発行の雑誌「少女倶樂部・新年特大號」(大日本雄辯會講談社)の記事より「傑作抒情大詩畫集:歌留多の宵」(川路柳虹:詩、小田とみや:畫)です。川路柳虹(1888-1959)さんは幕臣の川路聖謨氏の曾孫として東京に生まれ、東京美術学校日本画科を卒業、在学中から詩を発表し始め卒業後は詩人となりました。挿絵の小田とみや(富弥)(1895-1990)さんは岡山県生まれ、日本画の修行の後に新聞挿絵画家としてデビューし、その後人気挿絵画家となりました。

雑誌記事「傑作抒情大詩畫集:短歌」(1927)

短歌1927jan

 1927(昭和2)年1月発行の雑誌「少女倶樂部・新年特大號」(大日本雄辯會講談社)の記事より「傑作抒情大詩畫集:短歌」(茅野雅子、柳原白蓮:歌、須藤しげる:畫)です。茅野雅子(1880-1946)さんは大阪市出身、日本女子大を卒業後結婚し、歌人となり、また日本女子大の教授も務めました。柳原白蓮(1885-1967)さんはここでは紹介しきれないほどのエピソードを持つ大有名人となった歌人です。

雑誌記事「傑作抒情大詩畫集:春二首」(1927)

春二首1927jan

 1927(昭和2)年1月発行の雑誌「少女倶樂部・新年特大號」(大日本雄辯會講談社)の記事より「傑作抒情大詩畫集:春二首」(與謝野晶子:歌、田中良:畫)です。與謝野晶子(1878-1942)さんは大阪の堺生まれ、堺女学校卒業後、実家の和菓子屋の店番をしながら短歌を投稿し始め、地元の歌会に訪れた歌人の与謝野鉄幹(1873-1935)さんと不倫関係になりのちに結婚しました。その後上京し様々な問題作を発表し日本を代用する歌人となりました。挿絵の田中良(1884-1974)さんは東京生まれ、東京美術学校を卒業後、帝國劇場の背景部に就職して舞台芸術を担当し、その後宝塚や映画の美術監督なども勤めました。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR