絵葉書「日本航空輸送會社使用のフォッカーF VII型三發動機付八人乗旅客機」

Focker FVII

 日本航空輸送會社使用のフォッカーF VII型三發動機付八人乗旅客機です。日本航空輸送会社は1928(昭和3)年発足の航空会社で、日本の各都市間や日本の勢力圏内の外地との間の航空路を開設し、1938(昭和13)年にはのべ7万人の乗客を運んだ航空会社ですが、同年に大日本航空が国策によって設立されて吸収されました。写真は羽田飛行場と思われますので、本拠地を立川から羽田に移した1931(昭和6)年から消滅する1938年の間の姿です。フォッカーVII型はオランダのフォッカー社が開発して1925(大正14)年に初飛行した三発8人乗りの旅客機です。巡航速度は170km/hなので新幹線よりも遅いですね。

絵葉書「館山海軍航空隊」(1935)

館山空

 館山海軍航空隊の1935(昭和10)年8月30日のスタンプのある絵葉書です。左上から当時最新式の八九式艦上攻撃機、営門と本部、一四式水上偵察機と一五式2号水上偵察機、一五式飛行艇と全て複葉機です。ただ機体は以前の羽布張りから軽金属製への過渡期であることが判ります。このたった数年後に零戦だのB29だのが登場するのですから、恐ろしい進歩の速さです。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR