FC2ブログ

雑誌記事「懸賞繪手本」(1918)

懸賞絵手本1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内の記事「懸賞繪手本」です。「山に鳥居」(跡見玉枝筆)とありますが、これを手本として投稿するのだと思います。跡見玉枝(1859-1943)さんは江戸の生まれ、従姉妹の跡見花花蹊さんなどに日本画を習い、女学校の絵画教師などを経て桜花を得意とする日本画家となります。

雑誌記事「懸賞繪さがし」(1918)

懸賞絵探し1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内の記事より「懸賞繪さがし」です。点線を結んで何を書いてある絵か当てるのですが、点線の密度が濃すぎて結ぶまでもありません。郵送の締め切りが11/20となっていますので十二月号は十一月の頭には出版されている計算でしょうか。

雑誌記事「みつ子さんはおばあさん?」(1918)

みつこさんはおばあさん1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内の記事より「みつ子さんはおばあさん?」(ひさし)です。作者のひさしさんの詳細はわかりません。おばあさんから西洋人形をいただいたみつ子さん、さらに赤ちゃんのキューピー人形ももらっておばあさんになってしまったというお話。

口繪「日記の終り」(1918)

日記の終り1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内のオフセット版口絵より「日記の終り」(細木原青起筆)です。大きなリボンをつけた女学生が日記を読んでいます。窓の外の鳥が何か不穏な空気を醸し出しています。

口繪「クリスマスの夜」(1918)

クリスマスの夜1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内の原色版口絵より「クリスマスの夜」(森田久筆)です。クリスマスツリーの飾り付けをしているどこか寂しげな少女の絵です。しかし飾りつけに羽子板や餅をつくウサギなど正月感も出してきています。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR