雑誌記事「日本西洋あべこべ繪とき(その2)」(1931)

日本西洋あべこべ絵解き1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「日本西洋あべこべ繪とき」です。足を温めるのなら炬燵はどうなのか、とかミシンと手縫いとか、こじつけ感もありますが、色々集めたようです。

雑誌記事「日本西洋あべこべ繪とき(その1)」(1931)

日本西洋あべこべ絵解き1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「日本西洋あべこべ繪とき」です。喪服の色や傘の立て方など失われてしまった風習もあります。老婦人に喫煙者が多いというのはどうだったんでしょうか。

広告「お氣毒な肥り過ぎ」(1937)

お氣毒な肥り過ぎ1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「お氣毒な肥り過ぎ」(ケーテー商會)です。ホルモンを使用した肥満治療薬"アイマー"の広告の一部です。この頃はこの類の所謂「やせ薬」の広告が頻発しています。

連載小説「春園」(1937)

春園1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より連載小説「春園」です。著者は横光利一氏、挿絵は佐野繁次郎(1900-1987)氏です。佐野氏は大阪市船場生まれ、小出楢重氏に洋画を習い、二科展に出品、その後渡仏してマティスに師事しました。戦前戦後を通して本の挿絵や装丁、化粧品のパッケージデザイン等幅広く手がけ活躍しました。

雑誌記事「同潤會女子アパート探検」(1937)

同潤会女子アパート1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事"禁男の家訪問"より「同潤會女子アパート探検」です。漫画家の近藤日出造(1908-1979)さんと横山隆一(1909-2001)さんによるルポです。戦後の住宅公団のモデルである財団法人同潤会が建てた大塚女子アパートメントは1930(昭和5)年から2003年まであった女性専用集合住宅です。中は思いのほか暗いこと(廊下に照明が少ない)や雑然と廊下に物(暖房用の石炭バケツ等)が積み上げられている様をレポートしています。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR