大東京寫眞案内「主要私營乘合自動車系統」(1933)

主要私營乘合自動車系統1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「主要私營乘合自動車系統」です。市営バスを除く東京市内の私営バスの主な系統です。東京乗合自動車は「青バス」と呼ばれて親しまれていましたが、戦争中の経済統制で市営バスと合併され、現在は都営バスになっています。東横乗合自動車、目黒蒲田乗合自動車、城南乗合自動車、池上乗合自動車、玉川乗合自動車はいずれも現在の東急バスです。京濱電鐵乗合自動車はそのまま京浜急行バス、王子乗合自動車は国際興行バス、中野乗合自動車は関東バスにそれぞれ継承されています。現在広い路線網を持っている小田急バスや京王バスの前身がありませんが、当時はいずれも三多摩郡部の路線だったので市内にはほとんどありません。

輝やく大東京「大東京交通圖(其二)」(1933)

大東京交通図(その2)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「輝やく大東京『大東京交通圖(其二)』」です。当時都心の路面を網の目のように覆っていた市営電車の路線図です。面白いのは現在存在する唯一の「都電」は、当時公営でなく王子電車という私鉄でした。

輝やく大東京「大東京交通圖(其一)」(1933)

大東京交通図(その1)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「輝やく大東京『大東京交通圖(其一)』」です。現在のJRと私鉄の路線と概ね変わっていない事が判ります。大きな違いはこの年の夏に開通する渋谷-吉祥寺間の井の頭線がまだないことで、ひと月後の開業なら書いておいても良いと思うのですが。面白いのは現在地下鉄となっている路線の上に私鉄が走っている事でしょうか。新宿-荻窪間、巣鴨-下板橋間、王子-赤羽岩淵間、瑞江-大島間等です。あと今はない小さな盲腸線が沢山あります。

輝やく大東京「大東京の交通」(1933)

大東京の交通

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「輝やく大東京『大東京の交通』」です。写真は上右から東京駅の省線(現JR東日本)電車、市営電車、市営バス、無軌条電車(トロリーバス)です。左手に各駅の発車番線、行き先表示板、下に市電とバスの料金表があります。山手線の環状運転開始が1925(大正14)年、総武線の両国-お茶の水間の開通が1932(昭和7)年、お茶の水-中野間の複々線運転開始が1933(昭和8)年と、この頃にはだいたい現在の線形が完成しています。

広告「砂川へ(阪和電鉄)」(1936)

阪和電鐵1936mar

 1936(昭和11)年3月発行の雑誌「サンデー毎日・三月二十二日號」(大阪毎日新聞社)の広告より「砂川へ」(阪和電鉄)です。阪和電気鉄道は現在のJR西日本の阪和線です。1926(大正15)年に開通し、既存の南海電鉄と熾烈な競争をしましたが、1940(昭和15)年に経済統制によって南海と統合、その後1944(昭和19)年に戦時買収によって鉄道省に買い上げられ、国鉄を経て現在に至っています。和泉砂川は関西私鉄各社にな倣い阪和電鉄も沿線に遊園地などテーマパークを展開した場所でした。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR