雑誌記事「或るお嬢さんの日記(その2)」(1931)

或るお嬢さんの日記1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「或るお嬢さんの日記」です。東京在住の典型的な高等女学校生の日常です。不審者が出て来ますが、もしかしたら自意識過剰なだけかもしれません。

雑誌記事「或るお嬢さんの日記(その1)」(1931)

あるお嬢さんの日記1931may

 1931(昭和6)年5月発行の雑誌「婦人子供報知・第五號」(報知新聞社)内の記事より、「或るお嬢さんの日記」です。東京在住の典型的な高等女学校生の日常です。古ネクタイは草履の鼻緒になるんですね。上のコラム「私はかうして娘を嫁がせました」は鳩山一郎(1883-1959)氏夫人の薫(1888-1982)さんの娘を嫁がせた談話です。

広告「無電技士・製圖工」(1939)

通信教育1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「無電技士・女子製圖工養成」(帝國無電通信學校・帝國製圖協會)です。無線技師と製図工養成学校の案内ですが、良く見るとどちらも住所は同じです。先日紹介した絵画の通信教育とも同じ住所です。通信教育専門の会社のようです。

広告「S式高速度手編器・生徒大募集」(1939)

日本編物製造株式會社1939mar

 1939(昭和14)年発行の雑誌「主婦之友」三月號の別冊附録、主婦之友附録「春の新型編物と流行服の作方」内の広告より「S式高速度手編器・生徒大募集」(大日本編物研究所講師養成所)です。手編み器の前で微笑んでいるのは水戸光子さんです。

広告「ドレスメーカー女學院」(1939)

ドレスメーカー学院1939mar

 1939(昭和14)年発行の雑誌「主婦之友」三月號の別冊附録、主婦之友附録「春の新型編物と流行服の作方」の表紙裏広告より「ドレスメーカー女學院」です。現在もドレスメーカー学院として同じ場所に存在します。1926(大正15)年に杉野芳子(1892-1978)さんによって設立され、日本最初のデザイナー養成科設立やファッションショーを開催したりしました。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR