雑誌記事「カメラ・ローマンス【その6】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「ビルに心あらば」ということで、その内容は「午後三時」(作:長谷川修二)と題して後ろに掲載されています。長谷川修二(1903-1964)さんは東京生まれ、府立一中、慶應大学中退後、シナリオライターや推理小説の翻訳家として活躍しました。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その5】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「實驗報告」と題してますが、カルピスの宣伝のようです。モデルは日劇ダンシングチームの柴田早苗さん(右)と中村よし子さん(左)です。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その4】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「風雲急也・太平洋」と題されていますが、公園の池のボートを漕ぐ男女です。この顛末が書かれた「水上のロマンス」(作:玉川一郎)が後ろに掲載されています。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その3】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。モデルに群がるアマチュアカメラマン達の「一齊射撃」です。これに関連付けられた「コマギレにされた私」(作:乾信一郎)が後ろに掲載されています。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その2】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。表題の「赤い夕陽に照らされて喧嘩別れのランデヴー」ではないことが関連付けられたコント「辭表のいはれ」(作:志摩達夫)でわかります。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR