女優「水谷八重子」

水谷八重子

 いわゆる「初代」水谷八重子(1905-1979)さんです。義兄が劇団芸術座の設立メンバーであったため、小学生の頃から舞台に出ており、小山内薫によって見出されて1916(大正5)年には帝劇に出演、1921(大正10)年には畑中蓼坡監督「寒椿」で映画デビューを果たしますが、在学中の雙葉高等女学校の圧力で名前を出せず、「覆面令嬢」という匿名でした。卒業後は新劇、大衆演劇、映画などで大活躍しました。戦後は新派劇を中心に女優活動を行い、1979(昭和54)年に乳がんのため亡くなりました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR