女優「轟夕起子」

轟夕起子

 宝塚出身の女優、轟夕起子(1917-1967)さんです。1931(昭和6)年、京都府立第二高等女学校を中退して宝塚少女歌劇団に入団し、娘役のトップスターになりました。その後1937(昭和12)年、日活に入社し尾崎純監督「宮本武蔵、地の巻」のお通役にてデビューし、その後も次々と出演してスターになりました。1940(昭和15)年にはマキノ正博監督と結婚し、1942(昭和17)年に映画統制令によって日活が大映に合併されると東宝に移籍し、「ハナ子さん」などヒット作に主演しました。戦後はフリーとなって脇役に転じて映画やテレビに多数出演し、私生活では離婚や結婚を繰り返して話題を振りまいていましたが、1967(昭和42)年急病により49才の若さで亡くなりました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR