旧朝香宮邸(東京都庭園美術館)

朝香宮邸

 朝香宮家は幕末に活躍した久邇宮家から分かれた旧皇族です。当主朝香宮鳩彦王がフランス留学の折、当時パリで流行していたアールデコに非常に感銘を受けて帰国し、このお屋敷を白金台に建てました。竣工は1933年(昭和8年)、設計は宮内省内匠寮、内装はアンリ・ラパンです。アールデコの粋を極めたと言われる内外装は現在東京都庭園美術館として公開されているため、見学することができます。内部で開催される企画展もアールデコやその周辺の文化を取り上げることが多く、大変興味深いです。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR