雑誌記事「『道呂久博士』『霊の審判』」(1928)

道呂久博士&霊の審判1928mar

 1928(昭和3)年に発行された雑誌「芝居とキネマ」(大阪毎日新聞社刊)三月號の記事より、上は松竹蒲田映画「道呂久博士」(野村芳亭監督)の井上正夫さん、八雲恵美子さん、押本映二さんです。下は何と阪妻が大学生役をやった、阪妻プロ「霊の審判」(枝正義郎監督)の阪東妻三郎さんと森静子さんです。この映画は残念ながら完成せずお蔵入りになったようです。阪東妻三郎(1901-1953)さんは1916(大正5)年に高等小学校を卒業後歌舞伎界に弟子入りしました。1919(大正8)年に映画デビューしますが全く売れず旅回りの芝居一座などもやっていました。1923(大正12)年にマキノプロダクションに入社すると一気に人気スターになりました。その後阪妻プロを立ち上げて松竹と提携し、阪妻プロ解散後は日活、大映、松竹と渡り歩きました。1953(昭和28)年に撮影中に倒れ、51歳の若さで亡くなりました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR