雑誌記事「映畫新作紹介」(1926)

日活映画1926apr

 1926(大正15)年に発行された雑誌「芝居とキネマ」(大阪毎日新聞社刊)四月號の記事より「映畫新作紹介」です。上右が日活映畫「美しき犠牲」(JMDBでは「黎明の唄」(楠山律監督))の岡田時彦さんと徳川良子さん、その左が帝キネ「悲しき秀勇」(松本英一監督)の澤蘭子さん、真中が日活映畫「探偵令嬢」(楠山律監督)の浦辺粂子さんと谷幹一さん、下左が東亜等持院「歸つて來た英雄」(仁科熊彦監督)の高木新平さんです。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR