雑誌記事「怪物、河合ダンス練習生」(1925)

河合ダンス1925feb

 1925(大正14)年に発行された雑誌「芝居とキネマ」(大阪毎日新聞社刊)二月號の記事より、「怪物、河合ダンス練習生」です。写真上の「怪物」は東亜キネマ「左平次捕物帖 怪物」(金森万象監督)の場面で怪物役で特殊メークをした高木新平(1902-1967)さんです。高木さんは長野県の諏訪の生まれ、1920(大正9)年に牧野俳優養成所に入り、1923(大正12)年に映画デビュー、マキノ、東亜、独立プロ、マキノ、帝キネ、宝塚、エトナと戦前は転々と所属会社を変えています。戦後は黒澤明監督の常連役者として、またテレビ出演などで活躍しました。写真下の河合ダンスは所謂少女歌劇団の一つで大阪の道頓堀に1922(大正11)年から1937(昭和12)年まで存在していました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR