雑誌グラビア「森静子(女優の家4)」(1925)

森静子1925feb

 1925(大正14)年に発行された雑誌「芝居とキネマ」(大阪毎日新聞社刊)二月號のグラビア記事より、「女優の家(4)帝キネ 森静子」です。森静子(1909-2004)さんは東京の浅草で新派女形俳優を父として生まれ6歳の頃から舞台に立っていました。子役時代に日活向島撮影所の映画にも出演しています。1922(大正11)年に大阪近郊の小阪に転居し、マキノプロダクションから映画女優としてデビューしましたが、1924(大正13)年に帝キネがヤクザを使って強引に引き抜きました。1925(大正14)年に帝キネ分裂後、阪妻プロに入社しました。その後、松竹、帝キネ、新興を経て俳優の夫とともに劇団を立ち上げますが、1944(昭和19)年に夫と死別後引退しました。戦後は再婚し社長夫人となりました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR