雑誌記事「フランク・キャプラ監督」(1939)

フランク・キャプラ監督1939nov

 1939(昭和14)年発行の雑誌「映画之友」十一月號の記事より「ちよいとテれました・・・」です。写っているのはフランク・キャプラ"Frank Capra"監督(1897-1991)です。彼はイタリアのシチリア島の生まれで6才のときに家族でアメリカに移住、苦学してカリフォルニア工科大学から陸軍に入りますが1918(大正7)年にスペイン風邪にかかり除隊。その後シナリオ学校から独立系の映画会社に入社、作品が認められ1928(昭和3)年にコロムビア映画に招かれました。そこでアカデミー賞を幾つも獲得し、この写真は「スミス都へ行く」の監督中です。その後ワーナーブラザースに移籍、戦争中は陸軍で働き、戦後は独立系の映画スタジオをおこしますが。あまり上手く行かず1964(昭和39)年に引退します。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR