女優「逢初夢子」

逢初夢子

 女優の逢初夢子(1915-)さんです。1930(昭和5)年に松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇団)に入社、1932(昭和7)年に映画に転向し「蝕める春」でデビュー、1934(昭和9)年に島津保次郎監督「隣の八重ちゃん」に初主演し、スターになりました。写真の右側は1934年の佐々木恒次郎監督「凱歌の蔭に」のスチルで、左側は大映時代(1942-6)のブロマイドです。ちなみに1942(昭和17)年にベルリンオリンピック金メダリストの遊佐氏と結婚しました。戦後は松竹に戻り吉村公三郎監督「安城家の舞踏会」等に出演しました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR