fc2ブログ

木村伊兵衛著「小型カメラの写し方・使ひ方【その230】」(1937)

小型カメラの写し方・使い方1937may

 1937(昭和12)年5月に玄光社から発行された「寫眞實技大講座」第一回配本「小型カメラの写し方・使ひ方」(木村伊兵衛著)内の「娯樂」「競馬」より「スタンド(II)」です。「高速度シャターを切る場合,その瞬間が丁度畫面の良い位置に的中してゐなければならないのでありますが,絶えず運動の方向を轉換するやうな速いスピードの動きに對しては,カメラに固定されてゐる透視ファインダーでは,被寫體がファインダーに入つて來る方向に視線が先き走つてしまつて,ファインダーの中央を誤認する惧れがありますし,ファインダーに入る以前からの運動の方向を,はつきりと意識して置くためには,枠ファインダーによれば撮影がより容易になります。」データはf4.5、1/20秒で、フィルムはコダックSSパンです。
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR