fc2ブログ

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その95】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「男の服装 履物」です。「下駄類では、駒下駄が一番で、日和は次の順であるが、高下駄の相當數出たのは學生がそれを鳴らしながら歩く風習がある事から出た數字である。ゴム底足袋と鞋との比は、二五對四と出たが、今尚かゝる比率關係にあるのは北海道たることを物語るものであらう。大正十五年の甲州の山間地の村に於ける採集では、ゴム足袋と鞋との比は二四對一と出てゐるのに對して、都市の中央に於てかゝる數字は尚來だ内地と比して餘程舊式である事が語られる。」
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR