fc2ブログ

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その81】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「通行人の身分職業別構成」です。あくまで外見から推測される職業です。「(a)紳士 背廣服を着て所謂シヤンとしてゐて、時にはステツキ又はカバンを持つてゐるやうな人。(b)旦那(商人) 和服で番頭よりもどこか知ら立派にみえてしかも商人臭い人。(c)御用聽き これと丁稚との違ひは、大抵三川木綿の前掛をし、印入りの籠をかついでゐる事から區別した。(d)丁稚 小樽ではアンコと呼ぶ。これは若い點で認定す。(e)書生 學生のやうに詰衿の洋服を着てゐるが、帽子が鳥打なのでわける。(f)おかみさん 奥樣の方が上品でおかみさんは小商賣人の妻らしく品がないのだが、晝の間は奥樣もエプロン姿などで別けるのに困難だから、おかみさんの項目は立てなかった。」
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR