蓄音機(HMV-157)

gramophone.jpg

 フロアー型のイギリスHMV社製蓄音機(HMV-157)です。1930年(昭和5年)頃に作られた製品です。78回転のSPレコードが再生でき、横のハンドルを回してゼンマイを巻くと、ほぼ両面聴くことができます。でも両面で8分弱ですが。全く電気が使われていないので停電でも聴くことができます。再生してみると意外と音が大きく、夜中は聴けません。さらに片面毎に鉄製の針を使い捨てるのであまりエコではありません(笑)。針などの消耗品は現代でも製造されており、ゼンマイも新品からデッドストックのオリジナルまで結構在庫があるようです。修理も購入店でできました。モノラルでダイナミックレンジは狭く、針の摺音も大きいですが、何と言うかアナログの「血の通った」音がします。確かに生きた人間がそこで楽器を演奏している臨場感を感じることができます。気のせいかもしれませんが。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR