fc2ブログ

少女小説「親の光り【その3】」(1918)

親の光り1918dec

 1918(大正7)年12月に発行された「少女畫報」(第七年第十二號)(東京社刊)内の記事より少女小説「親の光り」(松山みどり)です。時効になって貸し倒れてしまった貸金の相手が欧州大戦の影響で今や大金持ちになっており、この没落した家族は無事に豊かな生活に戻ります。
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR