fc2ブログ

少女小説「二つの死骸・池田みすゞ」【その3】(1917)

二つの死骸1917sept

 1917(大正6)年に発行された「少女の友」九月(第十巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「二つの死骸」(池田みすゞ)です。子守のおげんと背中の子は増水した川に落下し「二つの死骸」となります。自殺なのか事故なのか、鍛冶屋のおかみさんはおげんにつらく当たったことを後悔します。彼女は瞼の母に会えたのでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR