fc2ブログ

雑誌記事「世界の怪奇:沙漠の怪音巨像」(1938)

沙漠の怪音巨像1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事、「世界の怪奇」より「沙漠の怪音巨像」(川端勇男:作)です。ルクソールの王家の谷入り口にある「メムノンの巨像」から怪音がするという記事です。川端勇男さんは南沢十七(1905-1983)さんの別名です。南沢さんは宮城県仙台市出身、三田中学を経て長崎医科大学薬学部を卒業した後、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)でドイツ文学を専攻しました。卒業後は伝染病研究所などを経て報知新聞社の編集者をしながら探偵小説や科学小説を多く発表しました。
スポンサーサイト



プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR