ラッパ型スピーカー(山中製作所製)

スピーカー

 ホーン型のスピーカーです。東芝系列の山中製作所製で、このダイヤモンドというブランドのスピーカーは1925(大正14)年に販売開始しています。なお1930年代には紙コーンのスピーカーが主流になるので、昭和一桁の製品でしょう。基部にダイナミック型スピーカーと同じ仕組みの振動板が設置されており、その音をラッパで増幅するしくみです。アルミ製ホーンの優美なカーブが美しい製品です。購入時は全く無傷だったのですが、東日本大震災で台から落下し、縁にへこみができてしまいました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR