小説「唄はぬ時計(大阪圭吉)」【その2】(1938)

唄はぬ時計1938jan

 1938(昭和13)年1月発行の雑誌「新青年・新年特大號」(博文館)内の記事より小説「唄はぬ時計」(大阪圭吉:作、清水崑:畫)です。偶然古道具屋で手に入れた粗悪品の目覚まし時計から、ある殺人事件の意外な結末に至るという短編です。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR