小説「賭博者(小栗虫太郎)」【その1】(1938)

賭博者(小栗虫太郎)1938jan

 1938(昭和13)年1月発行の雑誌「新青年・新年特大號」(博文館)内の記事より小説「賭博者」(小栗虫太郎:作、茂田井武:畫)です。小栗虫太郎(1901-1946)さんは東京神田出身、京華中学を卒業後、サラリーマンや印刷所経営を経て探偵小説家となりました。横溝正史さんの急病による代理原稿という形のデビューだったそうです。茂田井武(1908-1956)さんは東京日本橋生まれ、赤坂中学を卒業後、様々な画塾で学びパリ留学後挿絵画家となりました。この作品の頃は小栗家に居候していたそうです。戦後は児童画家として活躍しました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR