東横目蒲電車「沿線案内」(1938)

東横目蒲電車沿線案内

 1938(昭和13)年の東京横浜電鉄・目黒蒲田電鉄合同の沿線案内です。当時両社は本社の場所も同じ、社長も五島慶太(1882-1959)氏と同じで、翌年合併して東京横浜電鉄となります。路線図を見ると、後に都電に引き取られる天現寺橋線や廃止される砧線も見えます。1934(昭和9)年に開業したばかりの東横百貨店や、渋谷と代官山の間に並木橋駅があったり、青山師範(学芸大学)、府立高等(都立大学)などの駅名は現在と違います。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR