映画スチル「新しき家族」(1939)

新しき家族

 1939(昭和14)年公開の松竹映画「新しき家族」(渋谷実監督)の映画スチルです。原作は濱本浩(1891-1959)さんの小説「流離の人々」「少年の日」です。濱本浩さんは戦前戦後に時代小説などで活躍した小説家で、直木賞候補連続7回というタイ記録を持っています(結局賞はとれなかった)。渋谷実(1907-1980)さんは慶応大学を結核療養のため休学中、撮影所に出入りするようになり、回復後正式に松竹に入り、小津安二郎監督などのもとで助監督を務めた後、1937(昭和12)年「奥様に知らしむべからず」で監督デビューしました。「新しき家族」は地方の小資本家の悪行と父と子の相克という二つの物語を絡めたシリアスものですが、残存フィルムは不完全です。写真は佐分利信さんと三宅邦子さんです。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR