長篇童話「町の子 山の子(その1)」(1937)

町の子山の子1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「長篇童話・町の子 山の子」です。作者は大佛次郎さん、挿絵は吉澤廉三郎さんです。大佛次郎(1897-1973)さんは神奈川県横浜市生まれ、東京府立一中、一高を経て東京帝國大學法學部を卒業、私立の鎌倉高等女學校(現:鎌倉女学院)の教師となります。その後外務省嘱託となり、同時に小説等を発表、関東大震災を期に退職して小説家となりました。「鞍馬天狗」の原作者として有名です。ペンネームは在住していた鎌倉に因んでおり、戦後の鎌倉の乱開発を防ぐためにナショナルトラスト運動を主導し古都保存法の制定に深く関わりました。彼が居なければ鶴岡八幡宮の裏山はひな壇の住宅街になっていたかもしれません。吉澤廉三郎(1893-1967)さんは新潟県小千谷生まれ、東京美術學校を卒業後、洋画家、童画家として活躍、戦前戦後を通して「キンダーブック」や「家の光」等の雑誌で多くの挿絵を描いています。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR