雑誌記事「農村婦人の驚異的な働き(その1)」(1937)

理化学研究所1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「精密機械工業の最前線を行く・農村婦人の驚異的な働き」(理化學研究所長・大河内正敏)です。農村婦人が優秀な工場労働者になれるのか、という今から言うと大変失礼な記事ですが、大河内所長は問題ないと太鼓判を押しています。大河内正敏(1878-1952)さんは、千葉県にあった大多喜藩主大河内家に生まれた子爵で東京帝國大學を卒業後、帝大教授、貴族院議員、東京物理學校校長、等を歴任、1921(大正10)年に理化學研究所第三代所長となり1946(昭和21)年まで勤めました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR