雑誌挿絵「黒板ロマンス・雨の降る日(その1)」(1939)

雨の降る日1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「黒板ロマンス・雨の降る日」(作:嶋本志津夫)です。松野一夫(1895-1973)さんが挿絵を描いています。松野さんは福岡県小倉出身、小倉中学を中退して上京し中学校を卒業後画家を目指します。1921(大正10)年の帝展入選後挿絵画家としてデビューし、雑誌「新青年」の表紙絵で有名になりました。フランス留学を挟んで様々な雑誌に挿絵を描いています。作家の嶋本志津夫(1904-1979)さんは本名(神崎清)での評論家としての業績の方が有名です。香川県高松市出身で、東京帝國大學文學部を卒業後、女学校で教師をしていましたが危険思想の持ち主として解雇され、以後文筆業に専念し、評論家、ジャーナリスト、小説家として活躍しました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR