雑誌記事「花柳小菊・大谷日出夫・立松晃」(1935)

花柳小菊・大谷日出夫・立松晃1935aug

 1935(昭和10)年に発行された雑誌「日の出八月號附録:映画レビュー夏姿寫眞帖」の記事より「花柳小菊・大谷日出夫・立松晃」です。写真上は日活の花柳小菊さん、写真下右は新興の大谷日出夫(1909-1971)さんです。大谷さんは福島県郡山生まれ、安積中学を卒業後工場勤務を経て1931(昭和6)年に日活ニューフェースとして入社し、1933(昭和8)年に映画主演し、宝塚キネマを経て新興キネマに移りましたが、訛りもあってトーキー普及で脇役に回り、戦後は飲食店経営をしていたようです。写真下左は新興の立松晃(1913-1994)さんです。立松さんは東京赤坂生まれ、文化学院卒業後、松竹蒲田入社、日活を経て新興キネマに移籍し二枚目スターとして活躍し、東宝、大映、東映と戦後まで活躍しました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR