大東京寫眞案内「中野區」(1933)

中野區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「中野區」です。現在の東京都中野区になります。写真は上が1929(昭和4)年に移転開業した中野駅北口です。その下は江古田にあった東京市の結核療養所で、1993年に施設統合により閉鎖され現在は公務員宿舎が建っています。写真下右は東洋大学の創始者で妖怪の研究者としても有名な井上圓了(1858-1919)氏が1904(明治37)年に建てた哲學堂で現在は哲学堂公園として整備されています。下左は中野坂上にある塔の山公園ですが、この三重塔は隣接する宝仙寺の境内にあります。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR