大東京寫眞案内「蒲田區」(1933)

蒲田區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「蒲田區」です。現在の東京都大田区の一部になります。大森區と蒲田區が合併して大田区となった訳です。写真右ページ上は羽田飛行場です。短い滑走路と駐機場しかありませんが、既に大阪への定期便が出ています。下右が松竹キネマ蒲田撮影所です。多くの名作を生み出して「蒲田調」なる言葉を生み出しましたが、1936(昭和11)年に大船に移転して閉鎖されました。その左は穴守稲荷で江戸時代からの名所です。左ページ上から三枚は六郷川=多摩川の河口風景です。見えている橋は1925(大正14)年に竣工した第一京濱國道の六郷橋で、1984(昭和59)年に架け替えられて解体されました。下右は蒲田銀座の風景です。現在は「銀座」名は使っていないようです。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR