大東京寫眞案内「大森區」(1933)

大森區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「大森區」です。現在の東京都大田区の一部になります。写真右ページ上から池上本門寺、その下が洗足池、下右が大森銀座商店街です。写真下左が世田谷から大森に流れる呑川の河口付近です。左ページ上が渋沢栄一が開発した田園調布の空撮で1923(大正12)年から分譲が始まりました。写真下右は大森貝塚の碑で、これは大田区側に現存しています。地域がまたがる品川区にも同様の碑があります。下左はのりそだ(海苔粗朶)の山ということで、海苔の養殖用に海中にさす木の枝です。当時の大森は所謂浅草海苔の大産地でした。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR