大東京寫眞案内「品川區」(1933)

品川區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「品川區」です。現在の東京都品川区の一部になります。写真右ページ上が東京十社の一つ品川神社、その下はその品川神社からお台場方面を俯瞰した写真で現在はお台場の向こう側に臨海副都心が広がっています。その下は光福寺にある伊藤家の墓所で伊藤博文が埋葬されています。その下は第一京濱國道沿いにある江戸時代の鈴ヶ森刑場の後で、左手に京濱電鐵(現在の京浜急行)の高架が見えます。写真左ページ上は品川駅から省線(JR)を渡る八つ山陸橋で、当時は京濱電車が路面を走っていました。ちなみに品川駅は品川区にはなく芝區(現在の港区)にあります。なお、この1933(昭和8)年に京濱電車は専用跨線橋を並行して開通させ、品川駅に直接乗り入れを始めたため軌道併用は終了しました。写真下右は居木橋で大崎周辺の目黒川に架かる橋です。下左は品川海岸風景で護岸に多くの網が設置されています。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR