大東京寫眞案内「麻布區」(1933)

麻布區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「麻布區」です。現在の東京都港区の一部になります。写真上が麻布十番通の商店街です。左手前の須永呉服店は建物はビルになりましたが現在もここに存在します。一つおいてメガネ屋さんもメガネスーパーになっていますがまだあります。下は麻布歩兵第三聯隊の兵営です第三連隊は後に二・二六事件を引き起こし満州駐屯になります。この建物は後に東京大学生産研究所として使われていましたが、2002年に取り壊され跡地に国立新美術館が建設されました。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR