大東京寫眞案内「主要私營乘合自動車系統」(1933)

主要私營乘合自動車系統1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「主要私營乘合自動車系統」です。市営バスを除く東京市内の私営バスの主な系統です。東京乗合自動車は「青バス」と呼ばれて親しまれていましたが、戦争中の経済統制で市営バスと合併され、現在は都営バスになっています。東横乗合自動車、目黒蒲田乗合自動車、城南乗合自動車、池上乗合自動車、玉川乗合自動車はいずれも現在の東急バスです。京濱電鐵乗合自動車はそのまま京浜急行バス、王子乗合自動車は国際興行バス、中野乗合自動車は関東バスにそれぞれ継承されています。現在広い路線網を持っている小田急バスや京王バスの前身がありませんが、当時はいずれも三多摩郡部の路線だったので市内にはほとんどありません。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR