大東京寫眞案内「京橋區(その2)」(1933)

京橋區(その2)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「京橋區(その2)」です。現在の東京都中央区の一部になります。写真は「銀座通り鳥瞰」ということで、尾張町交差点、現在の銀座4丁目交差点になります。正面の時計台付きビルは1932(昭和7)年に竣工した銀座のシンボル服部時計店で、現在の和光になります。そのお向かいが1930(昭和5)年に開店した三越銀座店で、現在の建物は1968(昭和41)年に建て替えられた物です。銀座通り正面の第一相互館は辰野金吾氏設計で1921(大正10)年に竣工したビルですが、1971(昭和46)年に解体され、その建て替えられたビルも2009年に取り壊され、現在は三代目のビルが建っています。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR