大東京寫眞案内「日本橋區(その2)」(1933)

日本橋區(その2)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「日本橋區(その2)」です。現在の東京都中央区の一部になります。写真は上が日本橋浜町にある明治座です。関東大震災による焼失後1928(昭和3)年に竣工した建物ですが、1945(昭和20)年の東京大空襲で再び焼失します。現在は1993年に竣工した浜町センタービルの中にあります。写真下右は日本橋の上にある東京市道路元標で市電のセンターポールも兼ねています。現在は上を通る首都高速道の上までのばされています。写真左上は日本橋高島屋で現在もこの建物で営業しています。左中は三大銀行とありますが、左手前が日本銀行、その奥が三井銀行(現三井本館)、横濱正金銀行東京支店(1975(昭和50)年に取り壊されて現在は高層の三菱東京UFJ銀行別館)です。左下は人形町通りで、下町の風情は現在でも少し感じられます。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR