大東京寫眞案内「神田區(その1)」(1933)

神田區(その1)1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「神田區(その1)」です。現在の東京都千代田区の一部になります。写真は上がニコライ堂(東京復活大聖堂)で、1891(明治24)年の竣工後、関東大震災で鐘楼の倒壊や火災による損傷を1929(昭和4)年に修復完了した姿です。戦災は逃れたため現在もほぼ同じ姿を保っています。中は1928(昭和3)年に竣工した明治大学記念館(三代目)です。1996年に解体され現在は高層ビルが建っています。下は1932(昭和7)年に開通した秋葉原駅からお茶の水駅に向かう総武線の鉄橋で現在も使われています。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR