空から眺めた大東京「銀座通り」(1933)

銀座通り1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「空から眺めた大東京『銀座通り』」です。教文館ビルがまだ建設中で、その間にある中村屋や山野楽器の辺りは空き地です。記事によると「一番下の左方に見える純白の建物が、この程出來上がつた服部時計店、そのお向ひが銀座三越、その上方に一つ飛んで松屋デパート、上方はるかに京橋、それを渡つてかすかながら、京橋交叉點際の第一相互ビルがうかゞはれる。左手に高く白いのが銀座ビル、その他、汚れて穢なくて黒くちつぽけな、銀座裏の寄生蟲カフエ群の屋根、屋根、屋根を含んだ、銀座一丁目から尾張町銀座四丁目に到る全景がこれ。」
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR