空から眺めた大東京「橋梁美を鳥瞰する」(1933)

橋梁美を鳥瞰する1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「空から眺めた大東京『橋梁美を鳥瞰する』」です。隅田川上空の両国付近から上流を望んでいます。記事によると「大東京の、ほんたうに大東京らしい姿は、先づ隅田川の十一橋、圖はその中、兩國橋(一番下)一つとんで藏前橋、次が厩橋、駒形橋、吾妻橋一番上にかすかに望まれるのが言問橋である。兩國橋の直ぐ上が、兩國神田驛間を結ぶ省線鐵橋、その右側が兩國驛で、お向ひの圓屋根が大角力に名高い國技館、驛を越えて上方に見える今一つの圓屋根が安田家寄贈の本所公會堂、近くに震災記念堂や東洋一を誇る同愛記念病院も望まれる。」
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR