舞踏「愛國行進曲」(1938)

愛國行進曲

 1938(昭和13)年に大日本皇國會から発行された愛國行進曲の振り付け解説です。振り付けは山脇高等女学校講師の藤間蔦枝さんで、表紙の女学生や学校は同校の物でしょう。愛國行進曲は1937(昭和12)年に内閣情報部より国民精神総動員を表す歌詞が公募され、選定された歌詞に対して曲も公募されました。作詞は森川幸雄さんという方ですが、錚々たる審査員達によって補作され原型をとどめていないそうです。作曲は軍艦マーチで有名な瀬戸口藤吉さんです。1937年の暮れに日比谷公会堂で作品は発表されました。内閣情報部は著作権フリーにしたので、様々な録音やこのような関連商品が発表されました。「見よ東海の空明けて」で始まる勇壮な歌詞ですが、丁度日米開戦頃に小学校入学した父によると、「見よ東條の禿頭」という替え歌が流行っていたそうです。(ちなみにこのあとはうろ覚えですが、「ハエがたかるもツルッと滑る/滑って転んでまた滑る/...」。)
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR