「京成電車沿線案内」(1935)

京成電車

 1935(昭和10)年の京成電車沿線案内パンフレットです。京成電鉄は1933(昭和8)年に上野公園地下に乗り入れ、念願の都心ターミナルを開業させています。ただライバルの省線(現JR)も1932(昭和7)年に秋葉原両国間を高架で開通させ、1935年には千葉駅まで電化をしています。面白いところでは向島駅から白髭橋に向かって白髭線という枝線が見えるのですが、これは王子電車との直通運転も計画されていたようです。しかし1936(昭和11)年には廃止されてしまいます。地下鉄も1934(昭和9)年に浅草新橋間が開通しており、この時期に東京のインフラが急速に整備されていったことが判ります。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR